楽劇大田楽

楽劇大田楽とは、中世に流行った田植の芸能「田楽」のこと
これを野村太一郎の父、故五世野村万之丞が現代に創作しました

1993年には文化庁芸術祭賞を受賞
長野パラリンピック冬季競技大会閉会式でも上演されました

今回は野村太一郎が令和の時代に新たに再演出し、劇場で上演します

楽劇大田楽 公演

日時   2022年12月23日(金)18時30分開演

場所   イイノホール(〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4階)

主な出演者

田主 観世三郎太
三番叟 野村太一郎
王舞 坂口貴信
獅子 観世淳夫
獅子 大槻裕一
他、踊り手 奇術師など

構成 五世野村万之丞(八世野村万蔵)
演出 野村太一郎
音楽監修・作曲 一噌幸弘


楽劇大田楽参加者大募集!

みなさんで楽劇大田楽のパートのひとつである「番楽」を踊りませんか?

今回は野村太一郎が新たに手を加え、リニューアルした公演をお送りします。

初演時の良き部分として「市民参加」というのがございました。

今回はその公演に参加下さる方を募集致します! 

是非お問合せお待ち申し上げます。